AZUMA MADOKAofficial web

News

2016.01.29 UP♥ 中村一義 New Album & DVD

2016/3/2(水)に発売される、中村一義さんのNew Album「海賊盤」にコーラスで参加させていただきました。

同日、昨年出演させていただいたLIVE、エドガワQもDVD「金字塔完成記念日〜エドガワQ2015〜」

として同時発売されます。

アルバムの中から「スカイライン」のMVも公開中です。こちらにも出演させていただきました☆

 

 

是非チェックしてみてくださいね!!

 

 

2015.05.21 UP♥ アルバムリリースしました!!

遂に、2015/5/12にNEW ALBUM「background symphony」が発売になりました!

発売記念ワンマンライブ、たくさんの方にお越し頂き、ありがとうございました。

これを持っていろんなところにツアーに行けたらと思っておりますが、

その前に欲しい!という方、通販、配信もスタートしました☆

 

通販はコチラ

http://studioleda.shop-pro.jp/

 

配信はコチラ

https://azumamadoka.bandcamp.com/album/background-symphony

(コチラは配信のみなので、ジャケット歌詞カードがないぶん、少しお安くなっています)

 

からご購入いただけます。

あずままどか渾身のNEW ALBUM、是非ゲットして下さい!!

 

 
トレーラー公開!

2015.04.22 UP♥ コメントをいただきました!!

【ニューアルバムについて、尊敬する先輩、仲間からコメントを頂きました。】
ありがとうございます!あたし、嬉しい!!
 


 
「まどかちゃん!新作『Background Symphony』完成&発売、おめでとう!
普段はオレ達、コマネチ対決とか変顔対決とかバカやってばっかだけど(笑)、
こうして、フェイクやノベル性が混じっていない、
最新かつ全開な「あずままどか発信」の想いが込められた楽曲を目の当たりにすると、
また、より深いところで、今のまどかちゃんと出会えた気持ちになります。
ウチのバンド『海賊オールスターズ』の紅一点でもある(オレより人気有り)、
あずままどかの美曲の数々、皆様も是非、必聴ですぞ!!」
 
中村一義
 


 
「ループマシンを駆使し1人で歌う彼女を数年前にみた。
うかつに人を寄せ付けない、張り詰めた空気を身に纏っていた。
今、時がたち肩の力が抜けて歌う「あずままどか」の歌達が、素直にまっすぐに、響いてきます。」
 
山川浩正(1-GATA/ ex: THE BOOM)
 


 
「あずまさんの新譜聴いた。びっくりする位サウンドも歌の表現力も多彩になった。
あずまさんは以前よりももっとうんとうんと大きな歌うたいになった。
それだけきっと大きな経験を積んできたんだと思う。
同い年のシンガーとしてちょっと嫉妬した。
歳を重ねる事はとても素晴らしい事だという事をそっと教えてくるアルバムだ。」
 
町田直隆
 


 
「まどかちゃんとは中村一義さんのライブで一緒に演奏したことが出会いのきっかけ。
「声に独特の伸びがあって少女のように歌う子だな」というのが第一印象。
そして今回の新作を聴いてすごく俺の心とフィットしたのは楽曲もさることながら「海」感。
俺も茅ケ崎という海辺の出身+在住なので島育ちの彼女の音楽を聴いて一発で
「あーそうなんだよねー!」とリンクした。
どの曲にもそのバックボーンの風景が浮かび、大きな優しさを感じる。
これから暖かくなる季節、すごく気持ちいいアルバムだと思います!」
 
Hermann H.& The Pacemakers(Vo.Gt)岡本洋平

Biography

<div class="jp">
<h3>あずままどか</h3>
<ul>
<li>出身地:鹿児島県徳之島 (神戸育ち)</li>
<li>血液型:O型</li>
<li>誕生日:8月10日 (獅子座) </li>
<li>身長:158cm</li>
<li>趣味:友達といること・映画鑑賞・旅行</li>
</ul>
<p>2002年、某インディースレーベルよりデビュー。</p>
<p>アコギ1本で挑む姿が好評を得て、手売りで3,000枚を売り、NHK「みんなのうた」では、歌の他、作詞と原画を手がけその実力を認められる。</p>
<p>その後、J-POPのインディースシーンでシンガーソングライターとして数々の作品をリリースし、他アーティストへの楽曲・詞の提供、舞台の音楽制作や出演、<br>
インターネットラジオのDJなども行う。</p>
<p>'09より完全自主制作・セルフプロデュースによる音源制作を開始。<br>
全ての楽器を自らプレイする等、新境地を開く。<br>
POPかつR&amp;Rなサウンド、恋愛、日々の葛藤をシニカルに射抜くリリックが評判を呼んでいる。また、ループマシーンを駆使した、1人でも1人ではないような表現方法のライブで注目を集めている。</p>
<p>2012年、デビュー10周年となる年に、自身の「人に恵まれる運」を最大限に活かし、サウンドプロデューサーに森本裕二、ドラムにサンコンJr.、ベースに山内薫、ギターに町田昌弘(100s)という豪華メンバーを迎えたアルバムが完成!<br>
サウンドの世界観、可能性が大きく広がる。<br>
そして今後は、このメンバーでのライブも見所の1つである。</p>
<p>2012/11/7 「I round」全国発売開始。</p>
<p>2012/10/18先行発売!</p>
<ul>
<li>2001.01 沖縄出身のシンガーソングライター石嶺聡子のアルバム「クロゼット」に詩を提供する。</li>
<li>2002.01 デビューミニアルバム 「ありがとう」発売。 </li>
<li>2002.01 河村隆一 Tour2002「真昼の月と真夜中の太陽」オープニングアクトとして全国ツアーに参加。</li>
<li>2003.02 NHK「みんなの歌」で原画、作詞を担当した「リセット」がオンエア。</li>
<li>2003.02 河村隆一プロデュース 早川まみ マキシシングル「みんなでフーフー」歌詞提供。 </li>
<li>2003.03 マキシシングル「リセット」発売。 </li>
<li>2003.04 曲「真昼の月」が文化放送「和巳と千里の聞いて!ナイト」エンディングソングに起用。</li>
<li>2003.11 自主制作第1弾シングルCD「さよなら夕日・GO!」発売。同時に三ヶ月に1枚500円シングルCDを制作発売。</li>
<li>2004.02 自主制作第2弾シングルCD「サカナ・ココロネ」発売。 </li>
<li>2004.05 自主制作第3弾シングルCD「 犬・花 」発売。 </li>
<li>2004.06 河村隆一 Tour2004 [バニラ~次の瞬間]にオープニングアクトとして参加。</li>
<li>2004.08 自主制作第4弾シングルCD「 はだかの王・100点マウンテン 」発売。 </li>
<li>2004.11 自主制作第5弾シングルCD「 ひかりの影・スーパーマン 」発売。 </li>
<li>2005.05 舞台「ベクトルは空に向かって」の主題歌「ソラカラフルフルエルナミダ」発売。 </li>
<li>2006.05 徳之島限定マキシシングルCD「グァバネクター」発売。 </li>
<li>2007.02 ミニアルバム「U」2007年2月7日(水)全国発売!!</li>
<li>2009.05 自主制作ミニアルバム「日陰に咲くあの花の名は」発売。全ての楽器・録音を自分でおこなう。</li>
<li>2010.03 自主制作ミニアルバム「DEMO効イテクダサイ」「LIVE DEMO効イテクダサイ」発売。</li>
<li>2010.04 インターネットラジオLIVECASTで番組「ロックンロール美術館☆」開始。DJを務める。</li>
<li>2011.02 あずままどかアプリiTunesで発売。</li>
<li>2011.04 FM世田谷で「Saturdaynight Hummingbird」開始。DJを務める</li>
<li>2011.06 チャリティーシングル「雨のち晴れ」発売。</li>
<li>2011.08 マキシシングル「SUN SUN SUN」発売。三味線に挑戦。</li>
<li>2011.12 みらい座池袋で行われたイベント「徳之島わいどフェスティバルin東京」で出演・司会を務める。</li>
<li>2012.02 「徳之島わいどフェスティバルin東京」DVD発売。</li>
<li>2012.05 ライブハウスだけではなく、沖縄料理屋でのライブも開始。</li>
</ul>
<p>現在、都内ライブハウスを中心に全国で活動中。</p>
</div>

<div class="en">
<h4>Azuma Madoka</h4>
<ul>
<li>Birthplace: Tokunoshima, Kagoshima Prefecture (raised in Kobe)</li>
<li>Blood-type: O</li>
<li>Birthday: August 10 (Leo)</li>
<li>Height: 158cm</li>
<li>Hobbies: Being with friends,movies,travel</li>
</ul>

<p>Madoka Azuma made her debut on an indie label in 2002.<br>
Just her and her acoustic guitar, Madoka writes her own music, lyrics, makes her own artwork, and has sold over 3,000 CDs by hand. Madoka was also featured on NHK's "Mina No Uta".</p>
<p>Along with releasing various works in the J-POP indie scene, she has written music and lyrics for other known artists, and has performed music for stage dramas. She also frequently DJ's on internet radio.</p>
<p>From 2009 Madoka began self-producing and releasing independently, writing and recording all of the instruments by herself. She is known for her Pop-meets-Rock 'n' Roll sound, her fun-loving and upbeat, but often cynical lyrics about love and life's discord, and her amazing live performances. When not playing with a backing band, Madoka performs with a loop station creating vocal harmonies, rhythms and backing guitar parts on the spot, making it sound almost like a full-band experience.</p>
<p>In 2012, to celebrate 10 years since her debut, and feeling the need to celebrate how lucky she is to have met all of the wonderful people in her life, she pulled together a new band to record her first full-length CD. The band was a Japanese indie supergroup, with Sankon Jr. on drums, Kaoru Yamauchi on bass, Masahiro Machida (100s) on guitar, and producer Yuji Morimoto.
Madoka performed with this line-up at the album's official release show. </p>
<p>The album, I round, is now on sale all over Japan and Amazon.</p>

<ul>
<li>2001.01 Wrote lyrics for a song on Okinawan singer-songwriter Satoko Ishimine's album, Kurozetto. </li>
<li>2002.01 Debut mini album, Arigato, released</li>
<li>2002.01 Ryuichi Kawamura Tour2002 national tour opening act</li>
<li>2003.02 NHK's "Mina No Uta" aired the song "Risetto", featuring lyrics and original images by Madoka</li>
<li>2003.02 Wrote lyrics for Ryuichi Kawamura-produced artist, Mami Hayakawa's single "Minade fufu"</li>
<li>2003.03 Single "Risetto" released</li>
<li>2003.04 The song "Mahiru no Tsuki" was used as the ending theme for "Kazumito Senrino Kiite! Naito!"</li>
<li>2003.11 1st self-released single "Sayonara Yuhi・GO!" released. (Simultaneously releasing a 500 yen CD single every three months)</li>
<li>2004.02 2nd self-released CD single "Sakana・Kokorone" released</li>
<li>2004.05 3rd self-released CD single "Inu・hana" released</li>
<li>2004.06 Ryuichi Kawamura Tour2004 opening act</li>
<li>2004.08 4th self-released CD single "Hikarino Kage・Superman" released</li>
<li>2005.05 Performs and releases theme song, "Sorakarafuru furuerunamida" for stage play "Bekutoruha Sorani Mukatte"</li>
<li>2006.05 Tokunoshima Limited Edition CD single "Guabanekut" released</li>
<li>2007.02 Mini album (E.P.), U, Released nationally (Wednesday, February 7)</li>
<li>2009.05 Self-released Mini album, Hikageni Saku Ano Hanano Meiha, released (Written, performed, recorded and produced by Madoka)</li>
<li>2010.03 Self-released Mini albums, DEMOKiitekudasai &amp; LIVE DEMOKittekudasai, released</li>
<li>2010.04 DJs for Internet radio LIVECAST's "Rock and Roll Museum" program</li>
<li>2011.02 Madoka Azuma iTunes App released. (search <em>あずままどか</em>)</li>
<li>2011.04 DJs for SetagayaFM's "Saturdaynight Hummingbird" program</li>
<li>2011.06 Charity single "Amenochi Hareru" released</li>
<li>2011.08 CD single "SUN SUN SUN" released (Madoka plays the Shamisen)</li>
<li>2011.12 Performer and host of "Tokunoshima Wide Festival in Tokyo" at Mirai Za Ikebukuro</li>
<li>2012.02 "Tokunoshima Wide Festival in Tokyo" DVD released</li>
<li>2012.05 Begins an on-going Okinawan restaurant tour</li>
</ul>
<p>Current Playing shows in Tokyo and around Japan.</p>
</div><!–en–>

Discography

background symphony
background-symphony
  • ¥2,000-
  • 2015年
  1. 1.話しすぎてる
  2. 2.変身願望
  3. 3.ただいま
  4. 4.光の影(2015 ver.)
  5. 5.Time goes by
  6. 6.church
  7. 7.愛すべきバカ
  8. 8.砂の城(2015 ver.)
I round
i-round
  • ¥2,000-
  • 2013年
  1. melody
  2. 色彩
  3. キボウ。
  4. ティダ
  5. オレンジ
  6. 今日はとてもいい日だ
  7. 音楽
  8. 88鍵と猫
  9. ソラカラフルフルエルナミダ
  10. ほこらしゃ
SUN SUN SUN
SUN SUN SUN
  • ¥1000-
  • 2011年
DEMO効イテクダサイ
DEMO効イテクダサイ
  • ¥1,000-
  • 2010年
  1. スワロフスキーな存在
  2. 恋愛バカ.txt
  3. ナナナ Hey!!
  4. 病みぃ
LIVE DEMO効イテクダサイ
LIVE DEMO効イテクダサイ
  • ¥800-
  • 2010年
日陰に咲くあの花の名は
日陰に咲くあの花の名は
  • ¥1,000-
  • 2009年
  1. カフェオレ
  2. 38度
  3. melody
  4. ステキな人
U
U
  • ¥1,500-
  • 2007年
  1. ローリングストーン
  2. 天と千の星
  3. ファストフード
  4. ブーツ
  5. ピアノ
ソラカラフルフルエルナミダ
ソラカラフルフルエルナミダ
  • ¥500-
  • 2004年
  • *廃盤
グァバネクター
グァバネクター
  • ¥1,000-
  • 2004年
  1. 島人ソング
  2. グァバネクター
  3. 故郷
光の影
光の影
  • 2003年
  • ¥500-
  • *廃盤
はだかの王
はだかの王
  • 2003年
  • ¥500-
  • *廃盤
犬
  • 2003年
  • ¥500-
  • *廃盤
サカナ
サカナ
  • 2003年
  • ¥500-
  • *廃盤
リセット
リセット
  • 2003年
  • ¥1,000-
  1. リセット(みんなのうた)
  2. リセット(長いの)
  3. リセット(ほのぼの系)
さよなら夕日
さよなら夕日
  • 2003年
  • ¥1,500-
  • *廃盤
ありがとう
ありがとう
  • 2002年
  • ¥1,500-
  1. ありがとう
  2. えがお
  3. ひまわり
  4. いいわけ
  5. 真昼の月
  6. 故郷
  7. おまじない

Mail

お問い合わせはこちらからどうぞ

お名前*
メールアドレス*
メッセージ

あずままどか / キボウ。

あずままどか "church" AZUMAMADOKA "church" with BOSS RC-50 LOOP

あずままどかの島口しゃべらんばぁ!

PAGE TOP